×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

ごあいさつ

江戸の風物、祭りにかかせない見世物小屋もどんどん数が減っていき、風前の灯火と化した。

極楽興行社は絶品の娘たちや古今東西の珍品を集め、

日本の文化・見世物小屋を平成の世に伝えていきます。

蛇をムシャムシャ食べる菊ちゃんに、タコ娘・桜ちゃんの妖艶な舞。

妖怪二口女に、逆さ女

見なきゃ後悔、見ても後悔の胡散臭いアングラの世界をお楽しみください。

さあさ お代は見てのお帰りだよ!

 

見世物小屋とは ウィキペディア

 

 


興行主 : 舞丸
 

1889年(明治22年)2月11日大日本憲法発布から4日後に生まれました。

人魚の肉を食べて今日まで生きながらえました。

 


2007年「極楽興行社」にて大道芸デビュー。

1ヶ月後・・・東京都へブンアーティストに認定。石原都知事公認の芸人となる!

3ヵ月後・・・選抜されたアーティストしか出れないと言う「三茶de大道芸」に出演!

6ヵ月後・・・海外デビュー!!エキゾチックジャパニーズガールは注目の的!

10ヵ月後・・・唯一のプロジャグラー舞台「堀の外のジャグリング」狂言回しに抜擢!

1年後・・・30年以上の歴史を持つ、「野毛大道芸」に出演!

2年後・・・日本の大道芸を知り尽くす、大須大道町人まつりに出演!

鮮烈なデビューを飾る!

口上芸界のアイドル! 見世物界の風雲児! 大道芸界の異端児!

舞丸ここにあり!